一年の締めくくり、感謝の気持ちはシンプルにわかりやすく「ありがとう」を伝えよう♪


12月はいろんなお手紙がとどき、この一年の締めくくり、そして来年への準備シーズンとして、毎日心あたたまるお手紙に感動しているごとーです。

そんな時期には、自分のお店への愛や周りの方への感謝の気持ちをバシバシ感じるすんごい気持ちのこもったお便りをたくさんいただき、今年もうれしい年越しになっています。ありがとうございます。

いつもかわいい淡路島のお洋服屋さん、オルフェウスの長谷川待子ちゃんからは、「このお店楽しんだろうなー」「居心地よくていつまでもおしゃべりしてそう♪」と楽しさとわくわくいっぱいのお便り。

好きなこと、得意なことを通じて、お客様とつながる・・・富士山写真でみんなの年越しをハッピーにする、伊豆の国市の酒屋さん、すぎちゃんこと、杉山雅一さんのカレンダーとお手紙。購入したカレンダーに添えられたお手紙はとっても丁寧でありがとうに溢れていました。

 

そんな中・・・来年に向けて謎は深まるばかりの・・・「なぞなぞ」ともとれる、なんともシュールなお手紙も到着。

 

長野県のセブンイレブンで毎日たのしい販促物をつくっている自称たのしごたーず中澤徹さん(人生のパイセン39歳・・・あれ?誕生日迎えて今40歳かな?)先日の忘年会のお礼とともに、まさかの12月16日掲載の日経MJ一面記事がA4用紙に4分割コピーされて、到着・・・その内容は謎は謎のままに・・・どこにも私に関連した記事がないというシュールっぷり(苦笑)

えーっと・・・いただいてお礼をうれしいんですが、「何かのお役・・・」何のお役なのか・・・今のところなぞは謎のままにおります。

中澤パイセン。これは一体・・・???

 

謎は謎のままに・・・

 

こうして、2016年の感謝のお便りをいただきました。

 

どんな販促物も、「誰に、何を伝えて、どう行動してほしいか?(年末のお手紙でいうなら例:大切なお客様に、一年の感謝の気持ちを伝えて、来年も仲良くつながれるようにする)」という風に・・・伝える相手にわかりやすく伝えてあげることが大切だなというお勉強になりました。

 

販促の基本のキ・・・中澤先輩教えてくれて、本当にありがとうございます。

今年も楽しくお仕事ができて、感無量です。

 

 

最後に・・・中澤先輩へ一言お伝えしたいことがあります。

日経MJ白黒コピー代金4枚分+郵送にかかった120円せっかくかけて、新聞記事送っていただきましたが・・・。

あのーーーーーー。あのーーーーーー。非常に申し上げにくいんですが、、、

 

うちの会社毎日日経MJとってます・・・。

そして、何気に私定期的にざっと目を通しているっていう。。。(正直Facebookメッセンジャーでもよかったんじゃないかなんて・・・・ミジンコも思ってないよっていうことはココだけの秘密にしておきます。)

もっとお勉強がんばります!

SNSガンバリマス!!!

これからも精進いたします。

ありがとうございます!!!!!