その一着の想いを伝える大切さを知った。ファッションいずみさん訪問


昨日は、アパレル縫製工場のファッションいずみさんを訪れました。一着に紡いでいく思いを通じて、お洋服に対する想い、仕事のあり方を考えてみる、そんな時間でした。

ということで、そんな私が体験したことを、まとめたのでご覧くださいませ。

それでは行ってみよう!初めての縫製工場見学!

はい、まずはファッションいずみさんの休憩室から。雑談しながら、なんでも写真撮っていいよーーとウェルカムな経営者水出さん(以下、トシちゃん)に一同感激の図からスタートです。

工場案内スタート。最初は型紙に合わせて、複数枚布地を重ねて一気にカットする作業から。紙ですら重ねてきれいにできない不器用女な私からしたら、これだけでも驚き。

続きまして、縫製作業現場に入り、トシちゃんによる、ボタンホールミシンのデモンストレーション。かるーくやってますが、私にはぜったいできない。やっぱ職人さんかっこいい。そんなシーン。

かなりキャッキャしながら見てたんですけど、それでも素晴らしい手さばき。一枚一枚縫われているお背中を見ながら、お洋服の価値観変わっていきます。

こんな風に一枚一枚縫うところ見て、服買ったら、お洋服の一生も変わるよね♪

そして、縫製工場ってミシンも大事だけど、縫う工程で仕上がりを左右するのはアイロンだということを知ったんです。アイロンさばきは縫製する命。これだけで縫い合わせも変わるし、出来上がりの質がピンとする。

最後に、趣味はボクシング。縫製とは無縁だけど、SDファクトリー営業マン平山さん、そしてみんなで工業用ミシンで記念品制作。楽しかったーーー。

また行きたい。同じ内容でおかわり希望です。お洋服携わる方々とまた行きたい。本当そう思った。

 

「誰がそのお洋服に携わるか」で一着への想いは変わる

まとめ。

先日ね、クローゼットの中を一気に新居への引っ越しもかねて断捨離したんです。その中で絶対に捨てられない服があったんです。

短パン社長こと奥ノ谷圭祐さんが手掛けている、Keisuke okunoyaのお洋服たち。

クローゼットに残される服、次の主へと思いを込めて買取に出すもの、そしてごみ箱。当然、Keisuke okunoyaのお洋服はクローゼットに大事に残ります。

ここに、トシちゃんが縫ってくれたお洋服があったら、そのお洋服がもう着れなくなるまで、同じように大事にすると思う。

正直にそう思った。

「誰がそのお洋服に携わっているか?」って本当大事。

一着への想いを次へと伝えよう!

お客さんにその想いのバトンを渡すのがSDfactoryも運営している、中間流通業であるラクーンのお仕事だなってそう思ったんです。ファッションいずみさんのプロとしての姿勢と真摯に仕事に向き合うスタッフさん達を見て、そう実感した訪問でした。

トシちゃんありがとうございます!