目の前の人がどうやったらスムーズにそのメッセージを受け取れるか考えてみよう


今日は動画を編集してました。と言いましても決して大掛かりな物でもなく…簡単な動画なので編集時間一本あたり15分程度です。

久々にスマホのアプリを使って動画編集してみたんですが、世の中なにかをするにしてもほんとハードル低くなったなぁって思った今日この頃。

ほんとちょっとした編集ならスマホでちゃちゃっとできちゃう時代なんだなぁって思いました。

でも動画あげるならやっぱり媒体ごとに直接掲載した方が観る人にとっては優しいなと思いました。同じ動画内容でもyoutubeはYouTube用で、インスタは60秒バージョンで直接動画up、ツイッターは140秒バージョンで…直接動画をup…と

しつこいですが…こんな風に…

インスタはインスタで動画に上げ(1枚目は静止画で2枚目が動画です)、

ツイッターはツイッターで動画に上げました。

で、思ったのは…。

それぞれのSNS媒体に交流すべき人がそれぞれいて、交流したいその人達が「どうしたらスムーズにその情報を見やすいかな?」「どうしたら楽しんでくれるかな?」そんなことが当たり前だけどとっても大切だなぁって思いました。まぁこれはSNSに限らず手書きのレターや販促も同じ。お客様が目にするであろう物はたとえ同じ事であってもその時その時あったカタチで伝えて伝えて伝えていかなきゃですよね。そのためにその都度私たちはその先にいる人のことを考えなければいけない…。

手間と効率ってバランスなのかもしれないけれど、人とのコミュニケーションはそんな効率的にはいかないもの…しっかり向き合って楽しんでいきたいなぁ。そんなことを思う今日でした…。