日常化しているあたりまえの価値を伝えていこう。


水天宮前駅降りてすぐ、東京シティエアターミナルの中にある、龍鳳さんは名物メニュー担々麺がとっても美味しいお店です。

ここ、座席数も100席以上と、かなり大きなお店なので新人さんが入った時のランチなど、ちょっと大勢で会食したい時に必ず行くお店。

最近そのお店に行きまして、相変わらず担々麺美味しー。

という…私のランチ事情はどうでもよかったですね…。ランチをしつつ思い出したのは、

うちのお店はお客さんにお出しするお茶もポットでしっかり出すんです。

そんな丁寧な接客で出す一杯のお茶への拘りを、

先日参加された中華料理店さんからお伺いした事を思い出しました。

そうそう、このお店もポットで出してくれるんです。飲食店と言ったらまずはお水ですけど、ここはお茶(水は頼めば出てきます。が、知らないと頼みにくいっていう…)が出てくる。

この一杯が香りが良くてとっても安らぐ。

たった一杯のお茶。

でもその一杯に込めた思いも伝わらなければ、まぁ日常のあたりまえへと浸透してしまう。

あたりまえにしていたことが実は価値だったり、「へーーーーーそんな思いでやっているのですね」と客観的に他者から見たら、「すごいな。丁寧だな。」って思うことがたくさんある。

わざわざ接客時に「うちはねー」語られるのは、まぁアレですけど(苦笑)

口で言わないまでも、日々「お客様に行動している、あたりまえにやっている」そんな想いも表現できる場はたくさんあるんだからブログで、SNSで、紙で、店内のPOPで伝えられますよね。

自分にとってのあたりまえは、人から見たら価値だったり、そんな伝えてないだなんてもったいない…。そんなことだったりする。

毎日お客さんに喜んで欲しいなぁって思っている小さな一つ一つのこと。

上手に伝えてみませんか?

知ってもらうためには、伝え続けないといけないですもんね‧˚₊*̥(∗︎*⁰͈꒨⁰͈)‧˚₊*̥

あたりまえの毎日の価値に気がつくお手伝いしていきます♡

最新セミナー募集情報!4月~7月販促講座を更新しました☆彡