仲良くなりたいお客様はどこにいる?ウェブか手書きか販促するならどっち?


産休でお休み中ですが、商売繁盛セミナーは大好きな人達を中心に定期開催中です。

少人数にして不在時ほど、参加していただいた方々の学びと楽しさをほっこりあたたかく繋いでいくことを大事にしています。

さてさて、不在ですがあたたかいレターという名の請求書が会社のデスクには到着しています。

現物はみれてないけど、その様子はブログという名のあたたかいツールで綴られて私の元にお知らせがやってきました。SNS通じて手作りのあったかいレターをもらっちゃった。

すごはんまっす〜こと増澤美沙緒さんのブログでその様子はみてみてね♡

まっす〜流!苦手な仕事との向き合い方 〜ご請求書編〜

レターには私と息子と娘。不在時に支えてもらってる市村さんとまっすーの絵が描かれてました。

うれしいよねーーーーー^ ^

お手紙の内容は出産おめでとうとこれからも頑張ろうねの決意表明です。

よくお手紙やチラシ、紙の販促物もですが職業柄、小さなお店さんや企業さん問わず私の元にはこんなご質問をいただくことが多いです。

SNSの広告とかどうですかね?

SNSの広告してみたい。少額だしエリアとターゲット絞り込んで気軽にできるから販促費としても手軽で試してみたーーーーいって方が実は多い(笑)

客観的に聞いているとガチャガチャ子供がやりたくなるみたいな…何が出るかなぁどんな人に出会えるかなぁ〜♪なんか…そんな感想を得ることが試してみたい裏側に感じてしまうことがあるんですけどね…( ̄∀ ̄)

止めはしません。でもその前にちょっと待って…といつも思うのは…

あなたのお店に来て欲しい人、あなたが仲良くなる人はそこにいますか?

ということです。単純だけど実は「どんな人に伝えたくてやってますか?」そこが抜けていることが多い。紙の販促物もSNSの情報発信も「誰がどんな人に向けて、どんな風に仲良しさんになりたくて」情報発信しているか?が大事だと思います。

あなたのお店に来て欲しいその人が目にするその媒体やツールを通じてそれを伝えられればSNSでも紙の販促物でも効果は出ていきます。

そんなことを思ったお手紙を受け取ってうれしかった出来事。

あなたのことが大好きです。こんな人とつながりたぁい。そんな気持ちをチラシやお便りなど紙の販促物やSNSで伝えていますか?

伝えるツール選定よりもその前にある大切なあったかい気持ちと相手を思う心。それが前提にクリアに見えていればあとは仲良しさんになるために毎日SNSでコツコツ情報発信積み重ねたり、交流したり、手書きのお便りだってチラシの書き方だって変わりますよね^ ^

あたたかいお便りをいただきながら、思ったのはそんなことでした^ ^

 

▼テクニックとかスキルよりも相手を思う気持ちがお店を変えていきます。最新の予定はこちらよりどうぞ^ ^