家電を買い替えに…大型店と街のお店の役割の違いを考えてみたよ。


産休に入り…。

娘の時はテレビを大型にして、好きな映画とかを我慢せずに家で観れるようにしたり、ウォーターサーバー導入したり…ダイソンのコードレス掃除機を買ったり、そういえばあれこれ家事を楽にするためだけに家電を買い替えたごとーです。

子供が増えれば家電をバージョンアップ。

えぇ…いかに自分が快適な家事ができる環境を整えるか?それだけに注力をしだします(笑)

二人目の今回は…

ちょっと最近そろそろ独身時代からずっと使っていた、冷蔵庫(今も2-3人くらいのサイズなんだけどね)と洗濯機、そして戸建てに引っ越してから今までのコードレスだけじゃ掃除機が効率悪いので、掃除機を買いに来ましたー。

相変わらず…広い…ビッグカメラ池袋本店。

池袋在住の私の最寄りの電気店といえば…ビッグカメラ。

 

たぶんご近所の昔からすんでいる方々は、街のでんきやを御用達されている方も多いとは思いますが、戸建てとはいえ、在住期間7-8か月ほどなんで、まだ、いわゆる街のネットワークになじんでません(苦笑)

そういえば、山梨の実家や叔父の飲食店ではいつでも電気屋さんのお兄さんがあれこれ出入りしている環境だったので、街の電気屋さんとは密接な関係性を築いている生活を過ごしてきたんですよね。

東京来て、自分の周りを見返してみると、田舎で幼少期生活していたみたいに、家に上がり込んで作業してくれる、家庭環境まで理解してくれている…そういう密接な町の業者さんって今はいないんだなぁってなんだか不思議な気持ちになります。

にしても、気持ちよく買い物した本日。大型店とはいえ、いろいろしっかりしてますよね。

今日していただいたこと。

  • 何も頼んでないけど…6万値引きしてくれた
  • 5~10年の保証が自動的に無償でくっついてた
  • 家電の納期設定、搬入の仕方やら事前説明が丁寧だった(洗濯機今日午前買って在庫あるから夜行けますけどどうします?にはちょっとビビった…)
  • (気が付けば)購入金額の10%がポイントになってた
  • ツイートしたら、中の人がツイッターでいいねしてくれた(笑)

ということで、大型店ならではの特に金額と運搬のところでの、スケールメリットがいろいろすごいんだなぁって思った今日この頃でした。普通にやったら価格では絶対に勝てないですよね(苦笑)

街の電気屋さんと大型電気店さんは役割が違うんだと思う

私は消費者としては、購入するときに事前にあれこれイメージして買いに行く人(具体的な要望と質問が多いお客)なので、さほど悩まないので…そんなことしか感じないのですが…。でもなぁ~もし実家だったらどうしてたんだろか?

そこに街の電気屋さんとしての役割があるんだろうなぁと思いました。たぶん…買う前に日常的にもっと相談しているんだろうなぁと別の視点に立ってみる。「ねぇねぇそろそろさーうちの洗濯機こうなんだけど買ったほうがいいかしら?」ってね。

家電を買うときに重視することって、実はお金は計画的に使うものだから大前提としてご予算は大事です。

でもそれ以上に、家に搬入するときのサイズ感とか、何よりも、自分の生活の中での使い勝手と家族環境や生活習慣を理解して相談してくれる相手だったりするんですよね。メンテナンス継続維持する秘訣とかね…いろいろ教えてくれる身近な頼れる人であり、今まさにコレが本当に必要かどうか?が相談できる相手。

どのタイミングで買うかどうかとかね…。

本当は炊飯器とか別なものを今買い替えたほうが楽かもしれないし、よかったのかもしれないしさー(笑)そんな風におうちに上がれる関係性って改めてすごいなーと町の電気屋さんの関係性について考えさせられる時間でした♪

私の周りにも素敵な電気屋さんは全国各地にいっぱい。

長い目で見たときにこうした方々とのつながりがある地域がうらやましい~♪あぁー住み着いたこの地でもいい人いいお店に出会えたらいいなぁ~って思います☆彡