空間づくりは誰にどんな風に過ごしてもらいたいか?で差が生まれる


こんにちは。小さなお店の応援団長のごとーです。この週末は娘と一緒に近所をお出かけしていました。だんだんと歩ける量も増えてきて、バギーを持つべきか抱っこひもで身軽に行くべきかの判断が迷う1歳8ヶ月。

Processed with MOLDIV

今週はそんな彼女と共に…。土曜は西側。日曜は東側の百貨店の最寄駅池袋の屋上へと行きました。

まずは西にある東武百貨店から、こちらは、屋上って言っても何もない(笑)イベントスペースでたまにアイドルが歌っている日以外はめちゃくちゃ空いています。

Processed with MOLDIV

写真の大半はこんな感情で広い空間に放たれた我が子って感じ。一応子供が遊ぶゲームコーナーみたいなのはあって、多少お金を入れてもビクともしない乗り物もありますが、とりあえず近場でっていうのがない限りはいきません(苦笑)

Processed with MOLDIV

 

そして、東側の西武百貨店。

屋上庭園と名付けられた屋上はグリーンがいっぱい。芝生スペースにビアガーデンスペース、そして池まである庭園、キッズスペースも一応完備されています。そして、お魚さんゾーン。東武は大人向け。西武は金魚多し!?

ま、でも子供からしたら魚が見やすい西武の方がいいみたいw

Processed with MOLDIV

あまりに目線がフィットしちゃうもんだから…。。かじりついています。。。

Processed with MOLDIV

キッズスペースにあるすべり台。最初はビビっていたくせになれるとずーーーっと繰り返してました(笑)

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

で、思ったこと親としてはやっぱり子供がなんでもいいけど自信まんまんで元気に遊んでいる姿を観れるって幸せだなぁって思いました。

Processed with MOLDIV

そんな親バカ話は一旦置いといて、過ごす場の作り方によって同じように開けた空間も違うもんだなぁって感じた週末。

何気ない週末の一コマが教えてくれることってあるんだなぁと思いました。

その場をどんなタイトルで誰にどのように過ごして欲しいか?この考え方1つでも空間の雰囲気もそこで過ごす人の姿も思い出も変わる。

そんな風に感じたお休みでした。