SNSでの毎日の発信が紙の販促物に活きることが実は結構あるんです。


今日はお手紙講座開催日です。

朝からこれまで書いて来たお便りとかを振り返りながらお客サマの様子を見つつニマニマしながら…過ごしています。

そういえば福岡で開催したこともありましたね。はぁーもつ鍋食べたい。

そんなことはさておき、お便りや通信を手書きで書くのには労力を使います。そんな時私がお便りを書くときに何気に参考にしているのが、SNSでのお客さまの投稿と自分の投稿です。

SNSで伝えていることは、紙の販促物でも活きます。だから、その発信その紙の向こうに届けられた人の笑顔をイメージして作る。

SNSも紙も見方が、紙で読むかスマホで読むかの違いだけです。それにもかかわらず、分けて考える人が実は多いという…。

紙はスペースに限りがありますからね。そしてお金がかかるのと反応がすぐ見えずらいので、テーマを集約してメッセージ性を強める、受け取った先を想像するというシナリオ作りと編集力を必要とします。

SNSは商売の中での日常の伝えるチカラが必要です。あと、コミュニケーション楽しみながらお客さまとお友達のように関係性を作ることも可能だよね。

SNSで日常を彩りながら楽しくご商売のこともお伝えするのが上手な人は基本的に紙の販促物に落とし込んだ時に商売人目線でみても上手な人が多いなぁと思います。

それができるできないか?の違いは、、、

その伝えた先にいる人の顔が見えているか見えていないか?だと思います。

だから、どうやったらわかりやすく伝わるかな?どうやったらみんなこの発信やお便りで喜んでくれるかな?の毎日の繰り返しがSNSで、ギュギュッと凝縮して紙で伝えるのが紙くらいの差しか私にはありません。

大切な思いはいつも一緒です。

月一のまっすーからくるお便りも一緒にリアルで過ごした思い出や私がSNSで言ったことなどを参考にして描いてくれています。だからとっても嬉しい。

短パン社長トークライブの時は来てくれたお客さんが喜ぶ写真を裏面に貼るだけで参加してる人は自分をきっと…探したりするよね。(反面ないと落ち込むらしいです…苦笑、シノハラその節はごめんね)

去年の映画館セミナー後は、もっとSNSでの投稿がお客さま同士が楽しくなるように私のFacebook投稿をダイジェストにしました。もちろんオチもしっかりつけてね(最初はこんなカス投稿でいいねが0だったよーーー!!!)…あはははは(*´Д`*)

もちろん近況報告だけじゃなく、「その後私に会う方法も添えてお伝えしていますよ。(私の場合はフェアとかお知らせじゃなくて…セミナー予定ですね)」

こうやって考えてみるとSNSでやってることって紙販促での伝え方に活きることいっぱい。交流って無駄にはなりません。

ほら、POPだって書かないと上達しないしお店も楽しく彩られない…。SNSだって一緒です。

だから今日も紙でもSNSでもお伝えしたいたった1人の大切な人を思いながら、楽しくあなたのご商売と日常をお伝えしていきましょうね(´∀`)

さぁて午後はセミナー楽しんでまいります^_^