販促物を作るのが楽しくなるおすすめの黒ペン5選はコレだ!


 

セミナーはいつものお決まりのインカメからスタート。

今月はお手紙セミナーに続いて、月末にチラシセミナーを控えている…ごとーです。

 

月末のセミナーは別の勉強会に私は出席していていないけど、すごはんまっすー先生とみなさんがしっかり仲良くなるように準備は進めておきますね。

さて、セミナー中にお客様が絶対にやること。

その一つが…文房具とセミナー資材の撮影!

 

商売繁盛セミナーでは、翌日からの楽しい仕事(たのしごと)につながる工夫をたくさんしているんですよね(って…自分で言う)。企画する私もですが、まっすー先生もめちゃくちゃ文房具が大好き!!!たぶんね、話してたらずーっと1日過ごせます。このネタ(笑)あ、あと2人に共通しているのは、想いが余って、若干筆圧強めです(笑)そんな私たちがおすすめする文房具(中でもペン)をご紹介♪

ちなみにセミナーに来られる方は試せるので試してからご購入でもいいとおもいます。あ、来られないって方は自力で気になるものはお買い求めくださいね。(尚、一応スーパーデリバリーでご紹介する黒ペンは卸価格にて購入可能です♪)

 

文具の相性がいいと、仕事もどんどんはかどる!

文房具の相性がいいと、仕事のスピードも取り組む気持ちも自然と変わってくる。

私はよくあるんですけど、お気に入りの万年筆で書く文字は時間をかけてゆっくりその人のことを思いながらメッセージするのには格別だったり、持っているだけでなんだかかっこいいって思える文具を持っていると気持ちが上がるんですよね。持ち物って大事。何を使うかを選択する時間も仕事をするうえで大事だな…とたまに思います。

基本の黒ペン!この5本をおさえるだけで変わる!

1

はい、上から、PROCKEY(三菱鉛筆)の太字と細字。そして、トラディオ・プラマン、エナージェルボールペン0.7mm、筆ペン(中字)(共にぺんてる)の5本です。

それぞれに特性がありまして、3つにまとめてみました。

 

(1)POPの基本はプロッキー(太・細)

4

なんだかんだいって、紙との相性は抜群。ひっかかりがない、すらすら書きやすい。そして、どの紙でも比較的にじまないから、ストレスなく書けます。お近くに100円ショップがある方は100円ショップでも取り扱っているところが多いのでみてみてね♪

(amazon:プロッキー太字プロッキー細字

 

(2)お手紙・チラシ細かい文面の販促物はこの2本

2

書き心地は上質なサインペンのような感じのトラディオ・プラマン。しっかりとした印象に仕上がりますよ。ただ、ペン先が少し太めなので、中見出しや小見出し、あとちょっと意識的に大きめの文面の時は適しますが、細かい文字の時はエナージェルボールペンの0.7mmがおすすめです。速乾性が早くて、インクが濃くでるので、比較的印刷した時の発色もいいので、印刷したあとの文字の見た目もぱきっとしていてきれいです。

実は、過去に上質な万年筆とかでも文面書いてみたことあるんですが、印刷するとやっぱりかすれ感がでて貧弱になるんですよね(苦笑)印刷物を意識するならこの2本はおすすめです。

(Amazon:トラディオ・プラマン)

(Amazon:エナージェルインクペン0.7mm)→同じ質感でももう少しペンそのものに重さがあったほうがいい方はこちらも同じ仕上がりになります(Amazon:エナージェルトラディオ0.7mm)。

 

(3)味のある字はやっぱり筆ペン!

3

達筆よりも目指せ味のある字。恐れずガシガシ、感情が赴くままに書きたい筆ペン!

インパクトのある見出しや、ポイントには欠かせません♪

100円の安い筆ペンもあるけど、やっぱり、インクを足したり、かすれさせたり、いろんな表現ができるのは、ぺんてるの筆ペン(中字)がおすすめ。安定のグリップ感と書き心地は長年愛される理由がわかります♪

(Amazon:筆ペン(中字)

 

ということで、基本のペンを5本ご紹介させていただきました。販促物を書くのに相性のいい筆記用具があるだけで、ちょっと気分あがりませんか?書きやすさと見ためを意識しながら上手にそろえてみてくださいね♪