紙の販促物に込めたその思い、紙だけにとどめておくのはもったいない。


外出先から帰ってきたら、雨に降られてちょっとブルーな出だしだった、6月初日です。

そんなことはともかく、今月は紙の販促物にSNSの活用方法に、お客様のおもてなしをする初夏の貝殻リースづくりに…ってセミナーや企画している遊びなのかなんなのかわからない催しごとがいっぱいなので今月楽しみがいっぱい。

さてー6月は梅雨シーズンで雨が多く引きこもりなんていう…お店さんも多いかもしれませんが(苦笑)こんな時こそ外に出たり、SNSでお客様との交流を楽しんでほしいです。

そんなことを思い、昨日こんなツイートをしたら、画像もないのに反応が良かったのでシェアしたいなって思います。

内容は簡単に言うと、SNSの一つ一つの発信だって、そこに「商売に対する想い」を込めて伝えていければ、それは紙の販促物と同じ効果をインターネット上でも持つっていうこと。

手書きで、紙でだけがお客様へ思いを伝える手段じゃない

私の企画するセミナーでは、お店を彩る紙の販促物(POP)やお店に実際に足を運んでいただけるようなチラシ、お客さまと今よりもっと仲良くなるための定期的なお便り(DM・お手紙)の作り方をやります。

その多くは紙を使いますが、その場で作るものとして即誰でも作りやすくお店で実践できるものなので、その時ごとに、その先にいるお客様を思い浮かべながら紙でしかも手軽にローコストで、ダイレクトにお店に帰ったときに反応が出るものをできるだけ提供したいな…そんな思いでやっています。

でも、この「思いを伝えていく」って行為は、紙以外でも転用できるということを今日はお伝えしたくて・・・。

むしろ、伝えたいことを紙の販促物だけに書いてお店に来た人を楽しませるだけに、置いておくだけじゃもったいないってことです。

どんなに素敵なPOPを作っても、それをお店に飾っておくだけじゃお客様は来ない。

 

ま、来てくれた人を楽しませる効果がある例えばPOPですが、POPだけを頑張っていても別にお客さんは増えません。

黒板だって、お店の前だけに置くだけじゃ、店を通りがかって、気が付いてくれた人だけしか見てくれないけど、SNSで発信すれば、「今日も元気に営業中」だって、ただ置くだけより気が付いてもらえる。

お店の中のPOPとか商品に込めた思いだって、お店の中だけじゃなくて、ブログとかFacebookでも伝えられるし、出来立てのライブ感だって伝わる。近くにいたら、あーーーこれ食べたいから買いに行こうってなるかも(笑)

そんなにギュギュっとつまった思いがたくさんあるのに、これがお店の中で完結するのはもったいない。

どんなにお店の中で思いを伝えても、その思いが外に出て誰かに触れないことにはお店に来てくれるきっかけにならないからです。

私や講師を務めているすごはんまっすーって…紙の販促物も教えていますが、普段の集客やお客様に思いを伝える手段は、SNSが中心。こんな風にツイッターで今お便り書いてるよんって今日もまっすーからツイートが出ていたけれど、お手紙をくれる前の想いも含めて、彼女の想いがいろんな意味が見えるから、一つのお便りもさらにうれしくなります。

ふふふ。これ、私だけの特権です☆彡

いいでしょーっていうお話はおいておいて、どんなに素敵なお店にしても、その中にいるあなたがお客さまが喜んでくれるだろうなーっていうワクワクしちゃう想いがあっても、それがお店の中だけで終わっていたらもったいないって思うんです。

今はSNSがあるしね。

「今日もこんな想いで、お待ちしています。」

そんな気持ちをSNSで伝えてみませんか?

お店の中だけで思っているだけではただの「片思い」

そして何も発信せずにただお客様を待っているその姿は「待ちぼうけ」です。

今日もその重たいのか軽いのかわからん、扉を、自分からあけてお迎えしに行きましょ。

さーーーーて今月もやんぞーーーーー☆彡

ではでは、そんな講座をやっていこうかなって思います。

 

▽今月来月の商売繁盛セミナーはこちら