笑いと感動で包まれたエクスマセミナーゲスト講師講演の感想


先日のエクスマセミナー。旦那さんがトルコで不在だけど「渋谷に移転してラッキー。家まで電車で12-3分めちゃくちゃ近づいたーーー」ということで最後まで聞けてよかったです!!

そんな個人的な話はさておき。

どうしても行きたかったんです。野田大介さん(クルゼ兄さん)と中村ゆかりさん(ゆかりさん)の講演だから♪お二人とは、昨年の1月にセミナーで出会ってから、マックスブログ塾を通じての交流になります。ほんとどちらも素敵すぎて感動。いろんな意味で震えました。尊敬です。

ということで私の素直な感想をよろしければどうぞ(ただの主観的感想なので、スライドと話の中身をよく知りたい方は別のブログへどうぞ)

笑いながらも内心笑えない。アパレルあるあるいっぱいのクルゼ兄さんの講演

ツイートもついつい素直な心の声が出ちゃうよねー。反応良いという…。

お話しを聴きながら自身の、入社直後、アパレルサイトの商品登録をしたり、アパレル企業のコンサル担当をしていた頃を思い出しました。アパレルの世界は上流から下流へと流れるように新しい用語や情報、知識が流れていくんです。「この言い方ではなく、今はこういう。」「今年のトレンドはこうだ」

気がつけば染まり。新入社員から見るとこのパイセン何語喋ってるんだって光景が広がります(笑)こういう景色がやがて当たり前になり。

お客さまより一歩先を上から行く情報…。教えてもらってそのまま流れてお客様へいくことが多いんです。知らない間にキーワードの押し付け、まさにスカすって状態になる。

お客さんがついていけてない語りと言葉が先行する業界なんですよね。

えぇ。故にすれ違いがあって当然なんです。

カッコつけた情報を教えているようで実は伝わってない。気がつけば押し付け情報になったりテクニックに走っていたんだなぁって、在りし日の仕事の基本の部分を実にありありと振り返る良い時間でした(苦笑)

業界の常識。自分の周りの当たり前が、お客さまからみたら当たり前とは限らない。

それが、普段全く喋らないクールな印象のクルゼ兄さんの狂ったお買い物事情と人生経験から突き刺さってくる講演。いろんな意味で面白可笑しくも客観視できるので、アパレル関係の人にはほんと皆んな聞いてほしいーーーー。みんなで聞こーーーーー。

 

覚悟を持って過去から今のあり方へと進化する強さとエレガントさを感じたゆかりさんの講演

ドレスもジミーチュウの靴もエレガントでうっとりしちゃう。話し方も穏やかだしこんな可愛くてステキな大人になりたいっす。

白馬のホテル五龍館を営むゆかりさんの講演。いつも一緒にセミナー前にラーメン誘っていただいたり、マックスブログ塾でもご一緒できて、そこから勝手に学ばさせていただくことが個人的には多かったです。

一年間エヴァに行ったりとか行動も活発でしたけど、常にホテルの中もいろいろアップデートしてきたんだなっていうのが1月に実際にホテルに滞在した時にビシビシと感じるものがありました。

そんなゆかりさんのお話し。感動でウルウル。と同時に会社のサービスをいろいろ振り返ることができて、「やんぞ!!」っていろんな決意ができる講演でした。

従来通りの紙の販促や訴求は終わったなーって改めてマジマジと思う時間でした…。もうねー販促物でモノとかサービスとか売る(売り込む)時代じゃないなーって、個人的にも主催しているセミナーで書き方変えたあとのお客さまのDMやチラシの反応や関係性を見ていると思います。紙媒体も今のやり方にアップデートしないとです。伝統芸能じゃないんだからね。やり方はどんどん変えてって改めて強く歩いていこうと思った次第です。もちろんSNSの活用もね。

常にアップデート。常に初心者。上も下も関係なくフラットに学べるのがエクスマのいいところ。それも、こうやって素敵な先輩がいるからこそできます。いつもありがとうございます😊

ほんと素敵な時間でした。

エクスマ大好き。

この場で大好きな人たちの話を大好きな人たちと聞けて幸せーーー。