一見無駄とも思えるまわり道の時間が創造力を鍛える。フラワーリース作りの時間


今日はラッピングセミナーの日。ギフトラッピングを学ぶんですがその前にお客様をおもてなす(売ってもオッケーな)ディスプレイ小物を毎回作ります。講師が元フラワーデザイナーと現役フラワーデザイナーがいるからというのもあるんでそれを活かしています(^^)

左が今回作った春のリース。

右が前回作った冬のリース。

教えているのはラッピングセミナーなんだけど、最近は同じギフト提案の時間でもちょっとしたワークショップを楽しむ(むしろ時間かけてやってるからメインじゃないかって思うんですけどね…。)時間を大事にしています。

おまけなのにメイン。

はい。

遊んでます。

正直私が花とクラフトが好きだから入れてます。

こんなこと言ってますけどこじつけです。

職権乱用してます(苦笑)

 

昔だったら考えられなかったなー。

こういう一見まわり道をする時間(別名無駄とも言います)。

 

ラッピングセミナーは物販をしている会員さんに「気軽に体験して欲しい」「気軽にラクーンっていう会社に遊びに来て欲しい」って思って開催しています(ゆえに会員さんは無料です)。

 

だから楽しんで欲しい。

 

昔はせっかくいただいた時間だからできるだけ多くのコトを持ち帰って欲しいと思っていたんです。

 

今はというと、、、楽しんで欲しいなら一生懸命ウンウン唸ってつめこむよりも、あー楽しかったなーこの楽しさを帰ってお客さんにおすそ分けしたいなー。って思える時間を大事にしています。

 

手間なく簡単にできるラッピングもちゃんとやりますよ。でも創造力を広げるのはこういう時間だなーって思う。無駄って時には大事。

 

そんな風に自分に言い聞かせつつ今日もお客さまと一緒に私も楽しみます(苦笑)