笑顔が素敵な姉なたりーとシャイな料理人タカーシに学ぶ素敵なお手紙


今日一つの冷凍便の宅配が届きました。

お相手は、なたりーこと小沢直美さんと弟タカーシこと宮澤崇さんから…。ケーキは水曜まで冷凍保存中。その前にお手紙がとっても素敵だったのでご紹介したくて。

えぇ。一見普通の手書きのメッセージ。

どんなにカタチだけがキレイなお手紙よりもこういう気持ちがこもったコトバがあるお手紙が来ると何十倍もうれしいごとーです。

家族の優しいココロと笑顔に包まれるトックブランシュというお店

 

2人はお父さんがシェフを務めるお店、千葉県館山市にあるレストラントックブランシュに勤めています。

ま、なんで私が取り寄せたかと言いますと…。

料理一本でずーっと調理の現場で頑張ってきた弟タカーシが初めてきたセミナー。それが、私の企画した山本やすぞうさんの「利益は探し物」セミナーでした。

 

写真左下にいるのがタカーシね。

 

セミナー参加してくれたのはほんのきっかけ。でもタカーシにとって異業種なこういう会は初です。姉の誘いとはいえ、結構勇気がいるものだったはず(苦笑)

この懇親会の時ね。

2人のとーちゃん(お父さま)が作られるカレーの話から、ふとタカーシのお話になってたんです。

山本やすぞうさんとね、「タカーシの語る得意デザート…。ガトーショコラが食べてみたい」って話になったんです。

なたりーとタカーシとの関係性も素敵。だけど、このお店は家族が支えあいながらがんばる優しいお店なんだなぁって。なたりーが投稿している毎日のSNSをみる度にあったかいお店だなぁっていつも思うんです。

誤字脱字多くてごめんねって言ってたけど。

一生懸命書いたその気持ちやひとつひとつのお菓子への思いって伝わるんだと思いました。

一枚のお手紙から感じ、学ぶ時間でした。

 

ありがとうってココロを込めて伝えていますか?

想いをカタチのすることの基本を改めて感じる時間でした。

お菓子をみんなで食べる時間が今から楽しみです♪