ただの会社研修も自分が面白がることができれば、楽しく変わる。


年に一度。年始になると私が勤めている株式会社ラクーンでは年始の恒例行事「書き初め大会」があります。書くのは全員。一応チーム戦で、4-5人くらいで構成された30グループくらいに分かれて、競い合うという全スタッフ総出の賞金争奪のイベントです。

この日の6階はなんだか不思議な熱気と集中力、そして墨の香りに包まれます。

一応この取り組みには、理由があって仕事だけでは垣間見ることができない…。個人の得意なことを見つける。「おーあいつ意外とやるじゃん!?」というのを見つける(隠れた能力発見的)なことも目的としてあります。(いろんな研修とかイベントがあるので、得意な時は良いけど、苦手なことが研修である時はただただ苦行、、、あ、いや、修行です)

そんな中、当たり前ですけど、参加しました。

でもね。

2017年の豊富。

言葉がいっさい浮かびません。

とりあえず書いた言葉。

放し飼い。。。そのまんまの状態。。。

放牧社員。言い方変えただけじゃん。。

ただただ自由で解放されていたいでしょうね(苦笑)

ただ、何気に思えば幼少期(4-5歳)くらいから中学二年生の終わりまで書道を習ってました。10年近くです。もう20年も前のことで何段とか何級とかそんなことも忘れました(苦笑)

楽しいという表現があっているのかはわかりませんが、書道が好きというよりも集中して何かに没頭しているこの一瞬の静寂した時間が好きだったんだと思います。

墨入れ、止め、はらい。字体のバランスを見ながら次へと筆を運んで行く。淡々と集中する自分だけに流れる時間が、教えてくれることが今となってはあったんだということに気がつきます。

ま、でも頭が足りないのか、働かないので、1番最初の抱負として肝心な書くべき言葉が浮かばないっていう。。。(苦笑)

悲しい現実。を知る2017年の年始の出来事。

ツイッターで文字を呼びかけるっていう。。。

そしてお客さまであり、お友達が助けてくれるという。。。この他力本願。もはや答案用紙の答えを教えてもらうカンニング気分です。

こっそり、書いておきました。

後ろを確かめながらインカメしたから大丈夫。きっとバレてない!

とりあえず、トシちゃん(水出さん)、下宮さん(三代目)によって私の新年の課題提出は間に合ったのであった…ということだけは間違いないです。

ありがとうございます。