会社も人なり。企業が運用するツイッターを活かす見直しチェック法


今日は企業ドメインのツイッターの活かし方について考えていました。たまには真面目。それなのに近所のカフェでコーヒー飲んでいるのが矛盾でならない木曜日。

近所のストリーマーコーヒー。数ヶ月ぶりって書きながら、年末もきてるから数週間じゃん!?たったの数週間の久しぶりの行動が数ヶ月前くらいの時間軸を感じちゃう…。SNSでお客さんの発信を見たり、自分の発信を見ているとそんな風に思う。

 

そんな雑感はさておき、

今日、入社1年目の女の子の後輩ちゃんとお野菜が美味しいランチに行ったんです。

その時ね、facebookでお客様の投稿チェックして「いいね!」したりしていたら、「全部チェックしてるんですか!?すごーーー」って驚かれました。「えぇ。周りの方が発信されていらっしゃる限り、周りの方が今日どんなことをしているか大概把握してます。」

ここに、企業アカウントドメインのツイッターやサービスドメインが根本的に運用がうまくいかない理由があると思うんですよね。

 

周りに興味がないと周りからも興味を得られることは、まずありえない。

 

多くの企業アカウントやサービスが運用するツイッターアカウントが根本的にうまくいかない理由は、それらを1人の人間として妄想してみる(擬人化して考えてみる)とわかりやすくなります。

 

「自己主張して発信するのに一生懸命

「自分のいいところだけ、知ってもらうのに一生懸命」

「そもそも自社サービスを知ってもらっている前提でモノゴトを話す」

「自分のことを褒め称えてくれる人の一時的な発信にしか興味がない。そういう発信しかいいね!しない。」

「餌を与えれば、お得なキャンペーン、広告をただ打てば人が群がると思っている」

 

ま、一部流石に、、、極端ですけどね(苦笑)

これ。。。企業アカウントでなく、人だったらどういうヤツだと思います?

絶対友達になりたくないなーと思った次第です。その前に嫌われるでしょうきっと。。。

こんなんじゃ、広告使ってフォロワーは増えても一向に発信垂れ流し状態です(苦笑)

 

そんな本日。

会社のアカウントの改善ポイントを出しつつ思うのでした。まだまだです。未熟者です。私も会社のサービスSNSアカウントもです。。。

運用している以上、そこに動いているのは人だと思ってその性格(人格)形成にはチカラを入れて行きたいなって思った本日でした(о´∀`о)

 

性格美人な優しい(欲をいうなら面白い)人、そして会社になろう。。。

そんな風に思った本日です。まだまだ頑張らないとね(о´∀`о)★

 

意外と同じように感じる人は多いみたい。