家族で過ごす思い出づくりの時間も、平穏な日常を過ごすことも今の私にしかできないこと。


胃腸のバランスを崩した娘さん。

おかげさまで、日曜から月曜まで、病院いったりーきたりーの繰り返しでした。何気にちょっとのリズムがずれると繊細な子みたいで、まーこれまで見たことのない感じをここ2日間くらい体験させていただき、ブログもお休みー。

家族の時間をまったりと過ごしていました。

さーて、そんなことはさておき、お休みが大事だなーって本当に思った件。

結婚するまでは、正直私は、あまりまとまったお休みを取ったことがありませんでした。お休みをいただく際の、いろんな出来事もあって、休むっていう行為に罪悪感があったりしました…。

そんな私も休むってことそのものに抵抗が薄まったきっかけになったのが、結婚式前後の1週間ちょっと程度のお休みでした。旦那さんの両親がトルコから来て、山梨で結婚式をしたりとのんびり過ごすきっかけになったのはこのときかな。それまでは休むっていう感覚があまりなかったから、自分の価値観をある意味リセットするいい機会でした。

トルコって、40歳から年金暮らしなので、私の義父は私の父と同じ58歳ですが、すでに年金暮らしが板についております…。今思えば…あと6年くらいでワタシ隠居って考えると…びっくりですよね…(苦笑)

ま-でもある意味ロハスな生活を過ごしている、旦那方両親と過ごす時間は私のそれまでの価値観とは真逆なのでいろいろ学びが多かったです。それが考えるきっかけになった。

そして、何より、子供が生まれた時、家族が増えた時が一番大きかったなー。休まなければならない時ができたことで、いい意味で、できることできないことの線引きができてきた。

産後9週目からは定期的に復帰して働いてはいましたが、娘が生まれてからの生活は自分自身への心がけだけではうまくいかないことも当然できてきました。いくら計算しても、休まなければならないときは休むって感じ。まーある意味「なんだよっ」て感じより「しょうがないね(苦笑)」というあきらめの境地がある意味いいバランスを作ってくれました。

でも、これって私が会社員だからできることなんですよね・・・。毎週週休2日のお休みもきっちりある中でもこんな状態。

個人でお店をしている人にはなかなかできないことです。お休みって勇気がいるんですよね。

でもなー休むことってホント大事だと思った。定休日ない人は定休日家族を優先にして設けていいと思う(生活に支障のない範囲でね)。仕事もご商売もいつでもできます。そして、定休日をなんで設けるかとかをきちんと周りに伝えてみるとまた変わってきますよ。

「家族との時間を大事に過ごしたいから」それだって大事な理由の一つです。

家族で過ごす思い出づくりの時間も、家族に尽くす時間も今のあなたにしかできない時間です。

お休みしなければいけないときは、こんな風に私は自分に言い聞かせてます♪

ふふふふふー。さぁーて充電したので今日もがむばります★